ドラマ・クロカイブ

AllAboutドラマガイドが書ききれなかったことをつづります。

『エール』戦争エピソードは放送日とリンクする

『エール』第18週「戦場の歌」はビルマ慰問に行った古山裕一(窪田正孝)がインパール作戦の失敗を目の当たりに。朝ドラ史上もっともハードに戦争を描いたといわれます。
朝ドラは女性主人公が圧倒的に多く、かつ舞台はほとんど日本国内で戦時中の沖縄舞台もなかったので、悪くても空襲にあうか家族を失うとかでした。
このあたりが一番つくりたかったようでこれまでと全然デキが違ってます。その落差はどうなんだという気もしますが。

 

第18週は10/12〜16の放送でしたが、11週間の放送中断がなかったら、8/15の終戦記念日のあたりに放送する予定だったんじゃないかと思います。朝ドラでは戦争関連で月日を同期させることがよくあります。ストーリー展開の都合上、完全に一致させるのは難しいですが一週間前後の誤差ぐらいで。

ゲゲゲの女房』第21週「戦争と楽園」(8/16〜21)では水木しげるがモデルの村井茂(向井理)がラバウル(ここもひどい戦場だった)を回想。
ごちそうさん』第22週「い草の味」(3/3〜3/8)では大阪大空襲(3/13〜14)の際、地下鉄が救援に走った実話を映像化。
ひよっこ』第13週「ビートルズがやって来る」(6/26〜7/1)ではおじの宗男(峯田和伸)がインパール作戦に参戦した過去とリンク。ビートルズ来日公演は6/29〜7/3、インパール作戦が中止されたのは7月初めと二重にリンクしています。

 

朝ドラと戦争関連で、もう一ついいたいのは「いきなり太平洋戦争から始めるな」です。これで失敗したのが『君の名は』と『春よ、来い』の二作。
『君の名は』は東京大空襲の最中に始まります。菊田一夫(『エール』で北村有起哉演じる池田二郎として登場)の原作がそうなっていて変えようがない。
『春よ、来い』も橋田先生がモデルのヒロイン(安田成美)が女子大に入る1943年に始まります。
どうしても暗くなる時代だけに、ある程度勢いをつけてからじゃないと乗り切れない。乗り切れなかった結果、1年続く記念作なのに低視聴率となり、朝ドラ長期低迷時代のキッカケになりました。

dramakuro.hatenablog.jp

あと、半年放送になってからいきなり太平洋戦争だったのは原日出子主演の『本日も晴天なり』で1944年(昭和19年)スタート。ヒロインはNHKが男性アナウンサー出征のため、代わりに採用されアナウンサーに。舞台がNHK東京なので最初の山場が『日本の一番長い日』でも描かれた玉音放送をめぐる事件でした。

 

[http://

 

ともあれ「いきなり太平洋戦争から始めるな」大事なことだから二回書きました。

やっぱり根強いドラマのクール制

www.nhk.or.jp

NHKが『エール』を当初予定から10話短縮し、放送終了を2週間前倒して11/28終了、次回作『おちょやん』を11/30にスタートすると発表しました。

 

dramakuro.hatenablog.jp


で、12月半ばで終わって『おちょやん』は年明けスタートとした予想は外れました。
NHK、少しずつ短縮して数年かけて元の春秋スタートペースに戻していく気なのでしょう。

民放のドラマも、緊急事態宣言により春夏ドラマのペースがグチャグチャになりましたが、調整は終わったようで秋ドラマはほぼ10月スタートに収斂。
例外はフジテレビの月9で、『SUITS2』10/19終了、『監察医 朝顔2』11/2スタートで正月をはさんで続くと発表になっています。『SUITS2』と『監察医朝顔』は当初から長めに放送する予定で、『SUITS2』は1月時点で「月9史上、最長話数」

www.fujitv.co.jp

『監察医朝顔』は3月時点で夏・秋2クール連続放送

www.fujitv-view.jp

といっていました。たぶん、『SUITS2』は五輪前まで続けて、『監察医朝顔』は9月ぐらいにスタート予定だったんでしょう。
『SUITS2』は低視聴率なんだからはやく終了すればいいのに、と思うですが「月9最長」(これまでは全13話で10/19最終回で15話)といってしまったことに縛られて終われなかったんでしょうか。
緊急事態のせいにして予定を変更してもいいような気もしますから、アメリカ側との契約によるものか、それとも織田裕二との関係なのかもしれませんが。どういう理由にしてもフジテレビドラマ、不調の象徴です。

春夏ドラマのペースがグチャグチャになったことから「この際クールごとに一斉に始まって終わるのを見直しては」という論調もありました。

news.yahoo.co.jp

しかし秋にはほぼ元通りになったことでクール制の根強さが示されました。

なぜクールごとに変わるかということについては2008年、木村拓哉主演の月9『CHANGE』の放送期間が5/12〜7/14だったときに考察しています。

allabout.co.jp

考えられる原因として

  • 人気俳優の取り合いで長期間の出演契約が難しくなり、サイクルをそろえていた方がスケジュールが取りやすい
  • 2クール以上だと視聴率不振の場合は打ち切りになるけど、1クールなら数話短縮で済み傷が浅い
  • 企業は四半期単位で動いているのでスポンサー活動がしやすい
  • 年末年始/期首改編スペシャルの期間が長くなり、その間やすんでいると忘れられる
  • 視聴者の興味が長く続かなくなった

という5つを上げています。

たとえば人気俳優の取り合い。今回、クール制が崩れた結果、田中圭は『アンサング・シンデレラ』が終了しないうちから『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』が始まり、さらに10/31から『先生を消す方程式』が控えている。さらに4月スタート予定だったテレビ東京『らせんの迷宮 -DNA科学捜査-』は始まる気配もないとてんてこ舞い。そのせいなのか関係ないのか田中圭、泥酔して警察に保護されてしまいました。

その他、いまでも通用する理由ばかりです。一つ原因を付け加えると、

というのもあるでしょうか。三々五々はじまると話題作はともかくそれ以外はあまりとりあげてもらえないことが考えられます。
ネットドラマだといつでも見られるからいつからでもいいけど、テレビドラマは決められた放送期間内にみられることが重要。その違いでしょうか。

NHKは『これは経費で落ちません!』の続編をつくりたいのか

『私の家政夫ナギサさん』がヒットし、評価のあがる多部未華子ですが、その一方でネガティブな話題もでてきました。

news.yahoo.co.jp

女性自身発の記事で、ヤフーニュースのトップにも出たことから広く知れ渡りました。
昨年、NHK総合で放送されヒットした『これは経費で落ちません!』の続編の企画が進んでいたのに、多部未華子サイドが「作品の世界観を大事にしたいので、前作と同じキャスト・スタッフで臨みたい」という約束だったけど同僚役の一人が出演できなくなって降板したというもの。

その一方で

biz-journal.jp


は「そもそも出演OKといっていないんじゃないか」とたまにある話だとして、情報リークしたのはNHK側関係者か仕事がほしい別の共演者方面か、と疑問を呈しています。

情報の出どころについては他にも疑わしい筋は複数考えられますが、あくまで想像なので書かないでおきます。それよりこのニュースを見て気になったのは「『これは経費で落ちません!』の続編をNHKは作りたいのか?」ということ。

というのも昔のNHKは3シリーズつくった『夢千代日記』など名作の続編は多くありましたが、近年は時代劇はともかく現代劇ではあまりありません。

ここ10年間を振り返ってみます。『これは経費で落ちません!』と同じドラマ10枠では上戸彩飯島直子主演『いつか陽のあたる場所で』で後日談スペシャルはありましたが連ドラの続編はなし。
土曜ドラマだと三上博史主演『実験刑事トトリ』第2シリーズがありました。
あと朝ドラの続編『ひよっこ2』が30分x4話で制作。
BSプレミアムまで広げるとそこそこありますが、ほとんどNHKと外部制作会社の共同制作パターン。

 

( )内は制作会社。

NHKエンタープライズは関連会社なのでほとんどNHKですけど、それを含めてもNHK制作では現代劇の続編はあまりありません。

それに朝ドラと大河ドラマについては視聴率を気にしてますけど、他のドラマについてはあまりに低いのはともかく、視聴率よりは内容を重視しているんではないかと思います。
たとえば緊急事態宣言で『ディア・ペイシェント』が放送できない穴埋めは『アシガール』。視聴率を気にしているなら『これは経費で落ちません!』が最適だろうけど、評価は高かったけど土曜18時台の放送であまり見られなかった『アシガール』を出してくるのがNHKらしいところです。

 

ということを踏まえるNHKはそこまで続編にはこだわってなく、確実に仕事を受注したい外部制作会社の方がやりたいんじゃないでしょうか。
そして『これは経費で落ちません!』の制作も日本テレビ子会社であるアックスオンで、NHKよりこちらのほうが主体ではないかという気がしますね。

約3ヶ月遅れとなった朝ドラをリカバリーするには

新型コロナウィルスの影響で6/29から放送休止した『エール』、再開は9/14であることが発表されました。

www.nhk.or.jp

休止中は第1回から再放送し、本放送では1週間のまとめだった土曜も再放送にしたためペース6/5=1.2倍で進行。本放送6/29分が放送されるのは9/11(金)。9/12(土)は「いよいよ来週から!連続テレビ小説『エール』再開SP」を放送と、リカバリーは予定通りという感じです。

 

さてその後の展開を予想してみましょう。次の『おちょやん』と並行放送になるんではないかという見方もありますが、新型コロナの脅威が去らない限り、また放送休止になる可能性もあるので、急ぎはしないでしょう。人気コンテンツをあわてて安売りする必要もないわけだし。

 

『エール』を引き続き放送するとして、当初予定の130回になるのは12月の第2週。通常の朝ドラだと翌週には『おちょやん』が始まりますが、そうすると2週で年末年始になってしまいあわただしい。年内の2週間は子役週にして、年末最後の放送で杉咲花になって正月明けをお楽しみにという手も考えられます。しかし定石はキリのいいところで1月スタートか。

そうなると2週間埋めなくてはいけません。通常は祝日などにまとめて放送される総集編を分割して入れるか、スピンアウト作を新たにつくるかというところでしょうか。スピンアウトを本放送の時間帯にするのは『スカーレット』『エール』でやって不評でしたが。

また放送休止になるような事態にならない限り、しばらくは1〜6月/7〜12月 という形になるんではないでしょうか。しかし新型コロナの脅威がされば、通常の4〜9月/10〜3月に戻したいはずです。

 

そのための手としては、例えば4ヶ月半の作品を2つ制作するなどが考えられますが、月〜土放送から月〜金放送に変えて放送回数が減ったばかりなので、さらに放送回数を減らすのもなんだ。
そこで提案。これまでの東京・大阪交互制作のパターンを外れた3ヶ月程度のスペシャルバージョンをつくってはどうでしょうか。

スペシャルな形態としては3つ考えました。

1)NHK名古屋制作

全国のNHK各局で連続ドラマを制作するのは東京・大阪・名古屋だけです。しかし朝ドラを制作するのは東京と大阪。名古屋で制作されたことはありません。
そのためか、朝ドラの舞台で東海・北陸地方は少なめということは以前書きました。

allabout.co.jp

特に愛知県は岡崎が舞台の『純情きらり』で初めてメインの舞台になったあと、14年たって『エール』で音(二階堂ふみ)が豊橋出身なぐらいで相変わらず少ない。

NHK名古屋制作の連ドラ、2019年『トクサツガガガ』、今年の『ハムラアキラ』と好調、次は9/12スタートのよるドラ『彼女が成仏できない理由』。このあたりで名古屋を舞台にした作品をみたいところです

2)外注制作会社

NHKドラマ、NHK内部だけでつくっているわけでなく、外部の制作会社との共同制作というのもあります。例えば2019年『これは経費で落ちません!』は日テレ系のアックスオン制作で、日本テレビ系水曜22時枠に入れてもいい感じのお仕事ドラマでした。朝ドラも外部の血を入れるというのも新鮮ではないでしょうか。

アックスオン制作の場合、緊急事態宣言下の再放送で一番ヒットし再評価された『野ブタ。をプロデュース』を制作した河野英裕プロデューサに出てきてほしいところ。2016年にBSプレミアムドラマ、峯田和伸主演『奇跡の人』も担当しています。最近は映画に軸足をおいているようで昨年は『ブラック校則』、8/28から『青くて痛くて脆い』が公開中(W主演が吉沢亮杉咲花で次の大河と次の朝ドラの主役だ)。

そして河野P作品の脚本といえば『すいか』『野ブタ。』の木皿泉NHKドラマでも『昨夜のカレー 明日のパン』『富士ファミリー』、先日は大阪発ショートドラマ『これっきりサマー』を担当しました。たぶん「NHKが朝ドラを書いてほしいけど書いてくれない脚本家ナンバーワン」(推定)。遅筆で寡作だから難しかったけど、期間短めだったらなんとかなるんではないかと。

www.nhk.or.jp


3)スピンアウト

スピンアウトは本放送終了後にスペシャル的に制作されるのは定着しました。しかし本放送枠でスピンアウトをするのは、今のところ評判よくない。
一度、本格的なスピンオフ作品をつくって、そのイメージを変えるのもいいんじゃないえでしょうか。

 
これまでと違うことが起きたんだから、それを機会にこれまでと違ったことをするというのはいいんじゃないでしょうか。

 

朝ドラ続編は『私の青空』『ちゅらさん』『ひよっこ』と三作ありますがいずれも別のドラマ枠での放送。朝ドラ枠だとどうなるのか、興味あります。

無理といわれるとやりたくなる『カムカムエブリバディ』

5月末、2021年上期の連続テレビ小説が『おかえりモネ』であることが発表に。主演はオーディションなしで清原果耶に。これで六作連続オーディションなし。
清原果耶が選ばれたことと働き方改革や新型コロナ対応でドラマ収録が難しくなっていることを合わせて「朝ドラヒロイン、しばらくはオーディションで選ぶのは無理で、朝ドラ助演経験があるか実績のある女優じゃないと」という論調が花盛りでした。例えば

www.dailyshincho.jp

「みんなそういえばいうほどNHKの中の人、逆に考えるんじゃないか?」と正直、マユにツバをつけながら読んでました。紅白歌合戦について「司会に候補として報道された人は選ばれない」という説もあります。

すると、7月末に2021年下期の『カムカムエブリバディ』はオーディションで選ぶと発表されました。

www.nhk.or.jp

収録が難しい対策として祖母・母・娘の三世代ヒロイン制にすると。そうきたか。

過去の複数ヒロインのパターンは2つ。
一つは母娘ダブルヒロイン。平成初期の『青春家族』(いしだあゆみ清水美砂)で導入され『京ふたり』(山本陽子畠田理恵)、『女は度胸』(泉ピン子桜井幸子)で踏襲。
この時期、朝ドラを見る層が戦後世代中心になったため、これまでの一代記ものから現代ものにシフトしていました。あわせてヒロインに戦後世代の母親役も入れることで視聴者の共感を得ようとする戦略だったんでしょう。
もうひとつは『ふたりっ子』(岩崎ひろみ菊池麻衣子)と『だんだん』(三倉茉奈三倉佳奈)の対称的な性格を持った双子ヒロイン。

複数制にする場合の不安点は、一人の負担は少なくなる代わりに女優の成長が十分か、ということ。清水美砂は最終回をむかえても、まだ線が細そうに見えました(今は立派になりました)。畠田理恵は羽生九段と結婚して引退するまでずっと演技はなんだった。

オーディションには相当な実績・実力を持った女優が集まるでしょうから、大丈夫でしょうけど。

最後にオーディションで勝ち抜いてヒロインになってほしい女優をひとり上げると藤野涼子

 

www.oricon.co.jp

2014年、1万人の大規模なオーディションが行われた映画『ソロモンの偽証』を勝ち抜き、主人公の藤野涼子役でデビューし、役名を芸名に。2017年『ひよっこ』で向島電機組の兼平豊子役、2019年『腐女子、うっかりゲイに告る』のヒロイン。来年の大河『青天を衝け』の渋沢栄一の妹役も決まっています。
藤野涼子のすごいところは、まだあか抜けなさを保っているところ(ほめてます)。これだけ活躍していれば普通はもっと洗練されるはず。ある意味、朝ドラヒロインらしい。

8月から放送のテレビ朝日系のABC制作『ステイナイトミステリー・日暮里チャーリーズ』初回のゲストに女子大学生役で登場し、あか抜けてないバージョンとめずらしくあか抜けたバージョンで出演しました。あか抜けたのは取ってつけた感があり、やっぱりあか抜けてない方が魅力があることを確認できました。

恋愛ドラマ時代の終わりと変人化『やまとなでしこ』

押尾学のせいで近年再放送されなかった『やまとなでしこ』が2時間×2の特別編として放送されています。

リアルタイムで見ていたときの個人的感想は「トレンディドラマから、らせん階段をのぼって一周回って一階上にきた」です。
1988年の『君の瞳をタイホする!』『抱きしめたい!』に本格的に始まったトレンディドラマ、女性の目指すものは「金もイケメンも」でした。ところが1991年の『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』になると金や容姿じゃないんだと変わり「純愛ドラマ」だと主張します。
ところが『やまとなでしこ』のヒロインは「金があれば爺さんでもかまわない」という空前の価値観。このひねり方が「一周回って一階上にきた」です。

[http://

 

現在から振り返ってみると、時代の大きな転換点だったなと思います。
やまとなでしこ』放送は2000年10〜12月と20世紀の最後。後番組、21世紀最初の月9は『HERO』第1シリーズ。月9で1997年の『ラブジェネレーション』に続く木村拓哉松たか子の組合せですが、恋愛ドラマから事件ものであり検事のお仕事ドラマでもあるという現在でも人気の路線に転換。木村拓哉はこれ以降、お仕事ドラマにシフト。恋愛ドラマも大ヒット作がでにくくなります。あっても小説やコミックなどの原作ありでオリジナル脚本作品はまれ。

 

もう一つは主人公の変人化の流れ。このあたりは

allabout.co.jp

allabout.co.jp

変人が主人公になることが増えるのは刑事・事件ものだと1999年『ケイゾク』に2000年『TRICK』、それに2000年にスペシャルドラマとして始まり2002年に連ドラ化された『相棒』など。
刑事・事件もの以外だと中園ミホ脚本作品でも『やまとなでしこ』から『ハケンの品格』『ドクターX』の流れが大人気に。

世紀の変わり目にテレビドラマは大きく変わった、と『やまとなでしこ』を見ながら思います。

松原智恵子と朝ドラ史上最大のパンデミックと『隕石家族』

やすらぎの郷』の最後で八千草薫演じる九条摂子が死んだのを見て、「続編ができるなら、きっと松原智恵子やすらぎの郷の住人になるだろう」と思い、『やすらぎの刻〜道』で予想は的中しました。というのも「おっとり」というキーワードで八千草薫に一番近いのは松原智恵子だから。

[http://

もちろん違うところもあります。八千草薫はドラマの代表作が『岸辺のアルバム』と『阿修羅のごとく』で芯の強いイメージもあります。それに対して松原智恵子は日活映画時代に演じたヒロインは小林旭、渡哲也などの主人公に「父を、父を助けてください」と頼み、それで主人公を危険なところにいかせるイメージがあり「お願いさせたら日本一」だと思います。

ドラマではよくいえば世間ずれしてない、悪くいうと頼りにならない母親役が多かった。代表的なのは朝ドラ『あぐり』。朝ドラ史上最大のパンデミック、スペインかぜにより弁護士で県会議員の夫(田村亮)と長女・次女を亡くし、経済的に困窮。そのためヒロイン・あぐり(田中美里)は15歳の女学生だったのに建築業望月組の長男・エイスケ(野村萬斎)と結婚しなくてはいけなくなりました。

[http://

 

『やすらぎの刻』で演じた九重めぐみもおっとりしたキャラで、さらに認知症により高井秀次(藤竜也)に世話されるという、松原智恵子イメージの到達点というべき役でした。

現在出演中、フジ系土曜23:40からの『隕石家族』では、いい年をした息子(天野ひろゆき)をいまだに心配して、嫁(羽田美智子)にあたる姑役。東海テレビ制作らしくひねっています。同じ枠では以前に『ウツボカズラの夢』にも出演。タイトルの意味にかかわる祖母役で、これも松原智恵子イメージをうまくつかっていました。

 

『隕石家族』は半年後に隕石が落ちる中での普通に生きる家族の日常を描くホームドラマ。変わっていて楽しめます。現在の状況に似ている、という記事もありました。いうほど似ているわけではないけど、これまでとは違った状況で家族のことを考えるという意味では通じるものはあります。

headlines.yahoo.co.jp

こんな変わったドラマをつくろうと思ったのは、昨年の7月に直径130メートルの小惑星が地球の約72000kmのところを通過したというニュースからでしょうか。それとも、タイムスリップと男女入れ替わりに影響された作品が多くでてきた『君の名は』の隕石衝突の部分に影響されたのでしょうか。

いやいや、でてくるカフェの店名が「イスカンダル」でブラザー・トム演じる店長の役名が古代鉄郎なので、白色彗星がでてくる『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』『ヤマト2』及びそのリメイク作『ヤマト2202』オマージュなのかも。

そういえば松本零士に『ワダチ』という作品があるのを思い出しました。松本零士出世作男おいどん』に連なる、作者自身の貧乏な四畳半生活がモデルの路線かと思いきや、途中から日本人全員が宇宙移民して新しい地球をつくるというSFになる。四畳半ものと宇宙SFものという松本零士の2つの得意パターンを合体させた作品でした。