ドラマ・クロカイブ

AllAboutドラマガイドが書ききれなかったことをつづります。

朝ドラ記念作は大ヒットした『おしん』の方が例外

www.cyzo.com

まんぷく』が調子いいと連続テレビ小説100作記念作である次回作『なつぞら』の方が視聴率が悪かったらどうする、という記事。

心配なようなので過去の記念作の前作との視聴率差を調べてみました。「記念作」の調査ソースはWikipediaで「記念」と書いてある作品。

タイトル 記念 視聴率差
1983 おしん NHKテレビ放送開始30周年 +19.8
1990前 凛凛と 放送開始65周年 -1.0
1991 君の名は NHK連続テレビ小説30周年 -6.9
94〜95 春よ、来い NHK放送開始70周年 -1.2
2006前 純情きらり NHK放送開始80周年 -2.9
2009前 つばさ NHKFM放送40周年 -1.0
2011前 おひさま -1.0

『おひさま』だけ「『娘と私』放送開始から数えて50周年となるのを記念する作品として位置付けられた」と奥歯にものがはさまったようなことが書いてあります。おそらく放送前は「50周年記念作」といっていたんだけど、開始直前に東日本大震災があったため「記念」を引っ込めたんでしょうね。

並べたらわかるように朝ドラのみならずドラマ史上最大のヒット作『おしん』を例外として、軒並み前作より視聴率を落としています。特に『君の名は』がひどい。それとヒロイン交代騒動があった『春よ、来い』。1975年に放送期間が一年から半年になったあとに、スペシャルで一年間放送されたのは『おしん』『春よ、来い』『君の名は』の三作ですが、落差がひどくて黒歴史レベル。

『君の名は』は真偽は定かではありませんが、NHK当時の会長が「昔の『君の名は』みたいなのをつくったら」といったからホントにそうしたんだ、という噂があります。「記念作」だとそういう上からの意見が強くて、現場が自由に作れなくなってしまうのが低迷の原因ではないかと。

ということで、『なつぞら』関係者のみなさまには「前例がこれだから気楽にいこう」。視聴者のみなさまには「大きな期待を持つな」といいたいと思います。

2000年放送のブレイク俳優輩出作品から久々に

出演した俳優が後にたくさん売れる作品というのはたまにありますが、個人的に一番そうだと思うのはNHKが2000年4〜6月に放送した『六番目の小夜子』。この作品の生徒役が次々に売れています。

始まる前から売れていたのは主演の鈴木杏で97年豊川悦司主演の『青い鳥』から。
Wヒロインの栗山千明は同じ年の年末公開の映画『バトル・ロワイアル』で注目され『キル・ビル』につながる。
男優一番手の山田孝之は前年の『サイコメトラーEIJI2』がデビュー、2作目が『六番目の小夜子』でその後、大河『葵 徳川三代』で竹千代(後の家光)役、朝ドラ『ちゅらさん』のヒロイン弟。
山田孝之の弟役が勝地涼で、同時並行で2000年4〜6月放送の『永遠の仔』で渡部篤郎演じる主人公の少年時代役。ちなみに共演の椎名桔平の少年時代役が浅利陽介。ところで勝地涼がブレイクしたのは前髪クネ男?結婚報道の時にもそういわれていたような。
さらに同級生役で出演していた山崎育三郎が20代になってミュージカル俳優として頭角を表します。

このあたりで打ち止めかと思っていたけど、『ホリデイラブ』から現在放送中の『ブラックスキャンダル』で松本まりかが注目されてきました。

otekomachi.yomiuri.co.jp

六番目の小夜子』ではヒロインの親友で学級委員長の4番手ポジション。以前は特徴的なアニメ声が足を引っ張っていたような印象でしたが、30代になってそれを武器にできるようになりました。

こうなると次もあるかもしれない。一番可能性があるのは文化祭実行委員長役(文化祭が山場だった)の内野謙太。助演俳優としてコンスタントに活動、個人的には『ウルトラマンメビウス』の防衛隊隊員役が印象深いところ。


最後に『六番目の小夜子』について。1970年代、NHKに「少年ドラマシリーズ」がありました。筒井康隆時をかける少女』を原作とする『タイムトラベラー』などが人気で、当時の少年少女のSFマインドを醸成。『君の名は。』もその流れにあるといっていいでしょう。

 

allabout.co.jp

少年ドラマシリーズ」は時代的に映像がほとんど残ってなく、その意味でも伝説のシリーズ。それを現代に蘇らせようとしたのが『六番目の小夜子』。原作の恩田陸(これがデビュー作)も「少年ドラマシリーズがモチーフ」で書いたといっています。
内容もそれにふさわしい完成度で少年ドラマシリーズをきちんと成仏させた作品だと思います。

『昭和元禄落語心中』古くて新しいNHKの拡大版

NHK金曜22時ドラマ10の新作『昭和元禄落語心中』。原作の内容から期待作ですが、不安点は名人と言われる八代目有楽亭八雲を岡田将生が70代まで演じること。『わろてんか』で喜楽亭文鳥を演じた笹野高史で年齢的には丁度いいぐらい。
しかしドラマを見ると不安を吹き飛ばす仕上がり。落語そのものは名人かといわれると違うとは思いますが、そこは本物の名人でなければ難しいのでおおめに見ましょう。

 

内容もさることながら『昭和元禄落語心中』が興味深かったのは通常放送は22:00〜22:45のところ初回は25分拡大だったこと。民放ドラマではよくあるパターンで、NHKでも大河の初回、最終回でよく延長しますが、それ以外のNHKドラマではめずらしい。
6月放送の土曜ドラマバカボンのパパよりバカなパパ』も初回拡大73分でしたが、あちらは通常は28分なので3話分、民放の2〜3時間スペシャル的イメージ。

初回に限らず、最近はよくドラマの放送延長があります。スペシャル感を出したいというのがそもそもの理由でしょうが、実利的には他局がCMの間に放送するのでその間に視聴率があがるという理由があるようです。NHKの意図は前者か後者か?

しかしドラマの放送時間をフレキシブルに変えるということについてはNHKは実は先駆者です。1975年から始まった土曜ドラマは基本70分だが内容によって延長。初期の代表作、山田太一脚本『男たちの旅路』だと70分、75分、車椅子の障害者をテーマにした『車輪の一歩』が90分、最後のスペシャルが120分とばらけています。

 

 

時代は下って2017年から土曜ドラマは28分放送になりました。朝ドラが放送時間1日15分で好評なのに対し、1時間の連続ドラマはもう一つ。Youtubeなど動画がよく見られる現代は短い方がいいんじゃないか?という試みのようです。ただ見ていて、正直食い足りないと思うことが多いですね。

これからの土曜ドラマ、10月20,27日の前後編で北川景子主演『フェイクニュース』は49分x2。来年1月から放送の森絵都原作、高橋一生永作博美みかづき』は学習塾経営三代の物語で出版されたときから朝ドラにしたらおもしろくなりそうなテーマだと思い、また高橋一生も「朝ドラで再ドラマ化希望」といっているぐらいのボリューム。全5話と発表されていますが、放送時間は不明。一部を切り出してドラマにするとして一話28分ではきつそうで、これも長くなるんじゃないでしょうか。

CBCスペシャルドラマがなければ『半分、青い。』もなかった?

TBS系10月6日(土)14時からCBCスペシャルドラマ『それでも恋する』が放送されます。例年10月ごろ、土曜の昼下がりに放送されるCBC中部日本放送スペシャルドラマ。新作放送を期に分かる範囲でまとめてみました。
hicbc.com


単発時代の東芝日曜劇場で昔は東海のCBCの他に北海道のHBC、大阪のMBS、福岡のRKBが定期的にドラマを制作していましたが、1993年に日曜劇場が連ドラに。そのためスペシャルドラマをつくるようになったのでしょう。

秋放送という時期的に文化庁芸術祭参加作品が多く、それにふさわしい作品とすべく90〜00年代は山田太一市川森一の巨匠脚本作品が中心。たぶん東芝日曜劇場のころのつきあいから。

近年、印象に残るのは2013〜2015年、北川悦吏子の「月」シリーズ三部作で岐阜県を舞台にした大人の恋愛ドラマ。北川悦吏子、病気もあり00年代中盤からは連ドラでヒット作がなく、06年の『素直になれなくて』はTwitter炎上の先例になってしまいました。しかし「月」三部作で健在ぶりをアピール。『半分、青い。』を考えたのも、NHKがその提案を受けたのも三部作があったからじゃないかという気がします。
[http://:title]


相手役はすべて谷原章介で『三つの月』の原田・谷原はいうまでもなく『半分、青い。』組。『月に祈るピエロ』の常盤・谷原は8月のNHK広島制作『夕凪の街 桜の国』で共演。谷原との再共演のない『月に行く舟』の和久井映見が今年のCBCスペシャル『それでも恋する』の主演。
岡田惠和脚本で三重県の港町でカフェを営む三人の女性(あと二人は木村多江西田尚美)を中心にした物語。岡田惠和は昨年、魚津が舞台の浅田次郎原作『琥珀』と荻原浩原作でさびれた港町の商店街が舞台の連ドラ『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』(そしてヒロインは和久井映見)と二作港町舞台の作品があり、その流れを継いだノスタルジックなドラマになるのでしょうか。

放送日時 タイトル 脚本 主な出演 舞台
1994/3/19 冬の鮎 竹山洋 北林谷栄宮下直紀
1994/9/23 放置自転車 金子成人
1996/9/? 乱流~デレーケと絹 明治の恋 金子成人 有森也実風間杜夫
1998/9/5 幽婚 市川森一 役所広司寺島しのぶ 徳島
1999/9/11 心中津軽十三湖 新藤兼人 藤村志保中村嘉葎雄 青森
2000/11/23 乳房 THE BREAST 市川森一 宮沢りえ小林薫 長崎
2001/9/8 再会 山田太一 長塚京三倍賞美津子 静岡
2002/10/26 旅の途中で 山田太一 奥田瑛二竹下景子 愛知
2003/9/27 楽園に逃れて 中島丈博 蟹江敬三倍賞美津子 鹿児島
2004/9/12 銀河鉄道に乗って 市川森一 田中好子宮本真希 秋田
2005/10/5 いくつかの夜 山田太一 緒形拳鶴田真由 愛知
2006/10/15 命の奇跡 渡辺典子 松浦亜弥高橋恵子 愛知
2007/10/6 ガラスの牙 金子成人 高畑淳子蓮佛美沙子 岐阜
2009/10/3 花祭 市川森一 高畠華澄橋爪功 愛知
2010/10/2 旅する夫婦 市川森一 伊藤蘭岸部一徳 三重
2011/10/8 初秋 原田眞人 役所広司中越典子 長野
2012/10/6 ハイスクール歌劇団☆男組 江頭美智留 大東駿介桜庭ななみ 愛知(モチーフ)
2013/10/5 月に祈るピエロ 北川悦吏子 常盤貴子谷原章介 岐阜
2014/10/4 月に行く舟 北川悦吏子 和久井映見谷原章介 岐阜
2015/10/3 三つの月 北川悦吏子 原田知世谷原章介 岐阜
2016/10/2 ハートロス 内館牧子 斉藤由貴、川嶋海荷 愛知
2017/10/7 父、ノブナガ。 土橋章宏 田辺誠一森口瑤子 岐阜

『半分、青い。』と向田邦子コンプレックス

半分、青い。』見終わってしみじみ「やはり女性脚本家が自分をモデルにしないほうがいい」というのを再確認しました。

このことは

news.livedoor.com

で放送中早い段階で話題になっていましたが、たぶん大元の発信源はオレだ。2000年の『オードリー』の頃にすでに書いています。

allabout.co.jp

考えたのは『春よ、来い』の問題点を分析していたときだから1995年ごろ。原因としては

  • 自分がモデルの主人公を美化して書きたくなる。
  • 無茶なエピソードも「実際おきたことだから」で押し通し説得力に欠ける。

一点目については「向田邦子コンプレックス」と名付けてます。向田邦子をモデルにした作品のヒロインがカッコいいので、つい同じことをやってしまい自分を見失ってしまう。
ただ向田邦子本人はもちろんカッコいいんだけど、自分でそう描いたわけじゃない。没後のたくさんつくられた「向田邦子スペシャル」で、田中裕子などが演じたヒロインがよかったんです。

[http://]

 

これは女性脚本家特有のことなのか、男性脚本家は自分をモデルにしてもそうでもない。たとえば『やすらぎの郷』の脚本家・菊村(石坂浩二)は紫綬褒章を受賞しているなど倉本聰本人がモデルでしょうが、周囲に振り回されてカッコよくはない。NHK1999年の『玩具の神様』は倉本聰の名を騙り旅館を無銭宿泊していた実際の事件をネタにしていて、これも舘ひろし演じる脚本家は菊村と同じような二枚目半でした。

 

『オードリー』は公式にはモデルなしですけど明らかに脚本の大石静がモデル。ヒロインは産みの母と育ての母と二人の母がいて、映画女優を挫折して監督として成功する。大石静は二人の母は同じで、永井愛と二兎社を結成するが舞台女優としてはうまくいかず、脚本家として成功する。

これはNHK側からのオファー。『ふたりっ子』『オードリー』の演出をしていた長沖渉によると、朝ドラ二作目を断っていた大石静を引っ張り出すために二人の母設定をぶつけてOKさせたんだと。
『オードリー』は二人の母設定などはやや無理やりだけど、ヒロインはそこまで美化して書いてません。それでも元恋人の俳優(長嶋一茂)、助監督(堺雅人)、幼なじみ(仁科貴)と三人に思われてモテモテでした。

 

半分、青い。』の自分がモデル具合については

 

🔪🔪🔪鬼頭†オパ-リン🔪🔪🔪 on Twitter: "秋風もそうらしいですねー、しっかしすんごい…… "

 

が詳しい。こうなったのは本人の性格以外に、大石静とはライバル(少なくとも90年代では)だから、それも意識があったのかもしれません。

ちなみに大石静に二人の母設定をぶつけた長沖渉、他にも『都の風』『君の名は』『ぴあの』『走らんか!』『天花』『だんだん』と多数の朝ドラの演出を担当、さらに父の長沖一吉本興業の文芸部長出身、秋田實がモデルの『心はいつもラムネ色』で美木良介が演じた主人公の親友のモデルだから、ある意味、朝ドラレジェンドの一人。
昔の演芸方面に明るいのか、NHKを退職してフリーになった後、ミヤコ蝶々の生涯を描いた東海テレビ昼ドラ『鈴子の恋』では大石静と共同で脚本を書いています。

俳優の結婚ロールモデル唐沢寿明・山口智子

志田未来が一般男性と結婚、というニュースを聞いて三点考えました。

  1. 安達祐実も子役イメージから脱したのはカメラマンである二度目の夫と交際したあたりだし女優業的にもいいんじゃない?
  2. そういえば所属事務所の研音はあまりタレントの結婚を反対しないような。
  3. 同じく研音は俳優同士の結婚が多いような。

一点目はいいとして二、三点目を掘り下げてみます。

研音、80年代は全盛期の中森明菜も所属するなど歌手メインでしたが、90年代以降、山口智子唐沢寿明反町隆史竹野内豊のブレイクにより俳優メインにシフトしていきます。

研音所属中に結婚した主な俳優のパターンを見てみます。(カッコ内は共演ドラマ等)

所属俳優同士

 

他事務所俳優と(先に書いたほうが研音所属)

ドラマ制作スタッフと

俳優以外の著名人と

一般人と

するするといわれながらまだ結婚していない


なぜそうなるのか。所属俳優の唐沢寿明山口智子の結婚がうまくいってロールモデルになったんでしょうか。
結婚したのは山口智子が『29歳のクリスマス』『王様のレストラン』の後で『ロング・バケーション』の前という絶頂期。『ロンバケ』の後、ピークアウトしてこの後はCMメインでの活動。下手なドラマ・映画に出てコケるとイメージが下がりますが、出てなければその心配はない。一方の唐沢寿明は事務所のエースに成長できたと。

 

また人気俳優が多いから、一人結婚しても経営への影響が少ない。
それに他事務所俳優との結婚の場合、事務所の力関係から相手側事務所も反対しにくい、ということもあるでしょう。この件の例外が押尾学矢田亜希子矢田亜希子側の事務所が反対したといわれ、押尾学研音をやめて結婚。その後いろいろあって現在に至る。

そして最大の例外はともに研音所属だった絢香水嶋ヒロ。ここまでの例をふまえると、あそこまでこじれたのはよっぽどの理由があったんじゃないか、という気がします。

『半分、青い。』『高嶺の花』は芸術と生活が対立

芥川賞作家・磯崎憲一郎朝日新聞に月イチで担当している文芸時評、8月分の枕で『半分、青い。』について「憤りに近い違和感」を持っていると書いています。

www.asahi.com

理由は「芸術が日常生活を脅かすものとして描かれている」こと。具体的には

  • 漫画家を目指すヒロインは故郷を捨てて上京する
  • ヒロインの夫は映画監督になる夢を諦めきれずに妻子を捨てる
  • 夫が師事する先輩は、自らの成功のために脚本を横取りする

現実は逆で「故郷や家族、友人、身の回りの日常を大切にできる人間でなければ、芸術家には成れない、よしんばデビューはできたとしても、その仕事を長く続けることはできない」と書いています。
人間の業を描くためにはネガティブなことを経験することも必要だから、すべて否定するわけにはいきませんがそれがメインではない、ということでしょうね。

半分、青い。』で憤っていては『高嶺の花』を見たら卒倒するかもしれません。

序盤は野島伸司脚本らしい変わったドラマで、それなりに見ていられました。しかし中盤、家元になるために「罪悪感」が必要、というキーワードが唐突に出てきました。華道家としての自信を失っていたヒロイン・もも(石原さとみ)は直人(峯田和伸)との結婚式から逃げることによって罪悪感を得ようとするなど、華道関係者は罪悪感原理に従って行動。率直にいって意味がわからず、もはやドラマにまったくついていけません。

半分、青い。』の北川悦吏子に『高嶺の花』の野島伸司。ともに90年代に一世を風靡した脚本家。だからそのころの価値観なんでしょうね。『半分、青い。』はヒロインの側の視点で見るから離婚には否定的に描かれていて、『高嶺の花』は視聴率が低迷しているので、現代ではその価値観は受け入れられていません。

そういえば野島伸司、全盛期のころは女優と浮名を流していましたが、2011年頃にできちゃった結婚をしたという報道がありました。『高嶺の花』を見ていると、ヒットを出せなくなった自分をどうにかするため、罪悪感を得るべく妻子を裏切るんじゃないかと心配してしまいます。

最後に磯崎憲一郎が「これから芸術に携わる仕事に就きたいと考えている若い人たちのために」と書いていた一文を。「芸術は自己実現ではない、芸術によって実現し、輝くのはあなたではなく、世界、外界の側なのだ。」
岡本太郎キース・ヘリングも「芸術はみんなのものだ」といっています。