読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ・クロカイブ

AllAboutドラマガイドが書ききれなかったことをつづります。

紅白歌合戦の審査:ジャニーズファンは締め切りギリギリに投票しろ

2016年の紅白歌合戦、いろいろ話題になっていますが、放送の最後で炸裂したサプライズが紅組優勝。途中経過で白組圧勝かと思ったら、紅組司会の有村架純も驚くまさかの逆転。


玉入れにバードウォッチング

理由は審査方法の変更。昔はゲスト審査員のみの投票でした。70年代に選ばれた視聴者が、80年代からは会場審査で多数派の方にポイントが加わる方式に。ポイントの数え方としては今回復活した玉入れ方式、会場審査集計はバードウォッチング方式が代表的。

その後、一般審査がケータイとかデジタルテレビを使ったものが加わりましたが、メインの審査員の一票に対して一般審査はみんなまとめて一票とか二票とか入れる方式。
今のようにお茶の間や会場の一般審査員の票もゲスト審査員と同じ一人一票になったのは2005年から。これが2015年まで続いて、それが2016年また戻って多くの人がびっくりしたと。

 


審査方法により勝敗は変わってくる

審査方法の変更は紅白の勝負にどのような影響を及ぼしたか?白組の勝ち越し数という形でグラフにしてみました。

f:id:itasika:20170108170554j:plain

大きなトレンドとして50〜60年代は互角、70〜80年代は紅組やや優勢、90年代に白組が戻しています。そして2005年からは白組圧勝。一般審査員も一人一票になった2005〜2015年は白組の9勝2敗です。

なぜ一般参加比率を上げると白組の圧勝になるのか?これは主に熱心なジャニーズファンの力。組織票として白組を押し上げています。応援の成果か、紅白でのジャニーズ枠はTOKIO初出演の1994年からながらくSMAPと2枠でしたが、2009年に嵐とNYCboysが加わり4枠。その後、順調に増えて2015年に7枠と最大になっています。

今回の審査は「民意を反映していない」という意見がありますが、2005〜2015年の状況は、選挙にたとえると投票率が落ちると固定票が多い根強い支持者のいる政党が浮上するのに似ています。
ジャニーズファンが白組を応援するのは当然です。しかしそれ以外の人にとって白組圧勝というのは見た印象と合っているでしょうか。


紅組に勝たせたかった?

テレビバラエティとしては勝ったり負けたり、拮抗していた方がおもしろい。そんな判断が番組制作側にあったんだと思います。最後になって審査方法変更を明かしたのはバラエティ色の強いクイズでの「最終問題はチャンス問題、10000点です」でいままでの得点はなんだったんだ的味わいもありました。

途中経過の発表回数もいつもより多かったような印象があります。白組優位を見せつけて、ゲスト&ふるさと審査員たちがバランスをとるように紅組に投票させる意図があったんじゃないか?と邪推してます。


だからジャニーズファンのみなさんへのアドバイス、次回はお茶の間投票を締め切り時間ギリギリまで待った方がいい。ただ、来年は来年でまたなにか変えてくるかもしれませんが。

テレビ東京長時間時代劇はなくなってしまうのか?

1月2日のテレビ東京系といえば長時間時代劇。

1978年に『人間の條件』1979年に『宮本武蔵』とシリーズ映画の連続放送から始まり81年の『それからの武蔵』から12時間(当時の社名は東京12チャンネルだから)のオリジナルドラマに。長年続いていましたが、2001年に10時間、2010年に7時間(地デジの7チャンネルにあわせて)、2014年に5時間、2016年に3時間とだんだん縮小。
ついに2017年は放送されません。代わりに21時から放送されるのは濱田岳のヤング浜ちゃんが好評だった『釣りバカ日誌』のスペシャル。


これだけかと思ってたら、前後もすごい。17時55分から『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』太川・蛭子コンビ卒業編。23時20分から『孤独のグルメスペシャルと強力なラインをつくっています。

 

なくなってしまう?

長時間時代劇はなくなってしまうのか?


テレビ東京編成部のコメントは

「毎年、その時々のトレンドや裏環境など、さまざまな要素を考慮しながら年末年始の番組を編成しています。結果として、今年は昨年大好評だった『釣りバカ日誌』のスペシャルドラマを放送することを決めました。時代劇につきましては、10月クールに『石川五右衛門』を放送していますように、話題性のある時代劇作品があれば、また検討していきたいと考えています」

とのこと。

釣りバカ日誌』は1月から第3シリーズ放送の『三匹のおっさん』のように連続ドラマでシリーズ化したいところでしょうが、西田敏行が昨年2月に亜脱臼で入院したりしてスケジュール的に難しくてスペシャルになったんじゃないでしょうか。
それに市川海老蔵の『石川五右衛門』は無駄に予算を使ってしまった感がありますね。

 

改廃の繰り返し

テレビ東京の連ドラ枠を見ると、新しいものを始めるかわりにこれまで続けたものをやめ、また復活させるということがよくあります。
2009年3月にTBS系昼ドラがなくなるのをチャンスと見て、2008年9月から昼ドラ枠「Lドラ」を新設した時は、2008年末に『逃亡者おりん』などの時代劇枠の新作を終了。さらに2時間ドラマ「水曜ミステリー9」も2009年3月に終了。
『ママはニューハーフ』など好評だったものはあるものの「Lドラ」は一年で終わり。入れ替わりに2010年10月から月曜22時に連ドラ枠を新設。『モリのアサガオ』など他の民放連ドラを意識した内容でしたが、こちらも一年で終了。

そして2011年10月に「水曜ミステリー9」が復活します。

だから長時間時代劇も復活するかもしれません。

 

時代劇じゃないこともあった

ちなみに長時間時代劇、正式名称は12時間超ワイドドラマ、新春ワイド時代劇、新世紀ワイド時代劇、新春時代劇と移り変わっています。初期の12時間超ワイドドラマの時は時代劇とついてないんだから近代が舞台の作品もあります。1983年『海にかける虹〜山本五十六日本海軍』と1984年『若き血に燃ゆる〜福沢諭吉と明治の群像』の二作。昭和50年代は近代を舞台にしたスペシャルドラマがよく放送されたのを思い出します。

朝ドラのNHK大阪制作の始まりは東京五輪から

NHK東京とNHK大阪

朝ドラを制作するのはNHK東京とNHK大阪。基本は上半期が東京、下半期が大阪。放送期間一年時代は基本・東京制作で、最初に大阪制作になったのは64年の『うず潮』。理由は東京オリンピックの年で、NHK東京に余力がなかったため。

その後、大阪側からまたつくりたいとの熱望があり放送期間が半年になったのを機にレギュラー化。しかし76年『火の国に』、78年『わたしは海』が盛り上がらず、毎年NHK大阪に制作する力があるのか?ということになり、81年下期『本日も晴天なり』は東京制作、83年『おしん』は東京制作の一年放送。その後は、東京・大阪交代制が続いています。上半期東京、下半期大阪だと書きましたが、91年『君の名は』と95年『春よ、来い』の東京一年制作に挟まれた二年半は上半期大阪、下半期東京になっています。

また81年と83年、朝ドラをつくらなかったNHK大阪はその代わりに当時は水曜20時にあった時代劇枠を担当。81年は『レ・ミゼラブル』を翻案した『いのち燃ゆ』と桂枝雀主演の『なにわの源蔵事件帳』。83年は若き日の渡辺謙遠藤憲一笑福亭鶴瓶が出演した『壬生の恋歌』と主演が芦屋雁之助に変わった『新・なにわの源蔵事件帳』。

 

大阪制作は一段落ちた

東京制作と比べると大阪制作が一段落ちる印象が昔は確かにありました。視聴率で検証してみましょう。同じ年度における東京制作と大阪制作の差をグラフにしてみました(大阪制作がない年度は前年度の視聴率)。

f:id:itasika:20161231102508g:plain

70〜80年代は大阪の方が低いことが多く、例外は77年の東京『いちばん星』(高瀬春奈体調不良で主演交代)と大阪『風見鶏』(舞台の神戸北野が大人気)、82年の『ハイカラさん』と『よーいドン』(前年休止で企画が練れた?)。87年『ノンちゃんの夢』と『はっさい先生』は0.1ポイント差なので誤差の範囲か。

 

盛り返してきたのは

90年代は大阪制作が盛り返しています。90年は東京が男性主人公の『凛々と』に対し大阪はダブルヒロインの『京、ふたり』。91年『君の名は』95年『春よ、来い』は東京一年制作で自爆。92年は東京『ひらり』はヒットしたものの大阪『おんなは度胸』がそれを上回り、93年も『かりん』に対し『ええにょぼ』の勝ち。東京制作が時代により変わろうとしていたのと伝統路線の狭間で迷走していたのに対し、大阪制作は徐々に新しくしていったのが功を奏したという印象です。

本格的に大阪制作がよくなったと思えるのは96年の『ふたりっ子』。00年代以降は東京と大阪の差は小さくなり、大阪がやや視聴率が低くても11年の『おひさま』vs.『カーネーション』のように「内容を攻めた結果」と納得できるものが多くなっています。

 

NHK名古屋にも

なお東京と大阪以外に、NHKでドラマを制作しているのは地域ドラマを除くと、NHK名古屋。2015年放送の放送開始90周年記念ドラマ『経世済民の男』は第一部『高橋是清』が東京、第二部『小林一三』が大阪、第三部 『鬼と呼ばれた男〜松永安左ェ門』が名古屋制作でした。

朝ドラでは『君の名は』の第四部「愛ふたたび・志摩編」にのみNHK名古屋が制作に関わっています。一度、NHK名古屋制作の朝ドラというのを見てみたいものです。

 

クリスマスドラマは連ドラでは成立しない?

12月13日放送の『マツコの知らない世界』は「クリスマスソングの世界」。特にTBSドラマ『クリスマス・イブ』主題歌の「サイレント・イヴ」と『ホームワーク』主題歌の「クリスマスキャロルの頃には」を辛島美登里稲垣潤一も出演させて強くおしてました。

 

これを見ていると次週12月20日に最終回を迎える『逃げるは恥だが役に立つ』もクリスマスに決着をつけるパターンなのか?そんなドラマではないだろうに、と不安を感じました。
実際のクライマックスは商店街の青空市という小さなイベントで『逃げ恥』らしくて一安心。

 

クリスマスに向かっていくドラマでは『逃げ恥』最終回裏に放送されたスペシャル『わたしに運命の恋なんてありえないと思ってた』が予想外におもしろかった。
白野莉子(多部未華子)がIT社長の黒川(高橋一生)に恋愛指南するが、だんだん自分が社長のことが好きになっていく。ヒロインはシロノさんかと思ったら、シラノさんでシラノ・ド・ベルジュラックがやりたかったんですね。制作は関西テレビにROBOT。演出は『SP 警視庁警備部警護課第四係』の波多野貴文

視聴率はさっぱりだったようですが、よくいえば演技派、悪くいうと地味なメインの二人に『逃げ恥』最終回の裏では仕方ない。「スタージュエリー」がロケ地にもなるなど全面協力で、スポンサーありきの企画だったんでしょうかね。


クリスマスとドラマについては山下達郎の「クリスマス・イブ」発売30周年の2013年に書いたことがあります。

allabout.co.jp

クリスマスドラマの先駆けはトレンディドラマの『君が嘘をついた』。主題歌もクリスマスだった『クリスマス・イブ』と『ホームワーク』でピークに。

しかしマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が主題歌だった『29歳のクリスマス』では山口智子演じるヒロインは恋愛は成就しなくても「今、ここにいる自分が好き」と思える境地にいたり、クリスマス=恋愛ドラマはここで終わったんだとまとめています。

 

これを書いて以降を考えると2015年10~12月放送の月9『5→9~私に恋したお坊さん~』が主題歌はback number「クリスマスソング」で久々にクリスマスに向かっていく連ドラでした。ただしback numberの歌はよく聞くとそうだけど聞き流すとクリスマスぽくない感じ。ドラマ最終回もクリスマスより石原さとみ演じるヒロインが結婚するか、それともニューヨークにいくのか、という決断の方がメイン。全体的な印象としてクリスマスドラマという感じはしません。

 

やはり単発ならともかく、もはや連ドラではクリスマスドラマは成立しないのでしょうか。

なぜ放送期間が一年から半年になったのか?

なぜ放送期間が一年から半年になったのか?

 

これについては当時のドラマ部長・川口幹夫(プロデューサとして紅白歌合戦の育ての親といわれ、1991〜1997年NHK会長)が著書「主役・脇役・湧かせ役」で触れています。

要約すると、1日15分週6回を一年だと分量だけでたいへん、さらに一年持たせるためには大きなストーリーを展開しつつ人物ごとのサイドストーリーもからめるため複雑にしなくてはいけない。それでも予算やスケジュール上、それほど凝ったこともできない。それを和らげるための半年化だと。

 

予算面では第一次オイルショックの影響も考えられます。

1973年10月に勃発した第四次中東戦争の影響で原油輸入が不足した第一次オイルショック。このため強いインフレ状態になり、当時「狂乱物価」と呼ばれる物価の上昇がありました。

図録▽消費者物価指数(年次推移のこれまで)

 

ものの値段が急速にあがると長丁場のドラマ制作では当初の予算では対応できなくなります。放送期間を短くする方が見直しやすいメリットがあります。

 

そしてライバルの存在。当時朝ドラにはライバルがいました。TBS系の「ポーラテレビ小説」です。

本放送が昼の12:40〜13:00、再放送が朝の8:10〜8:30と朝昼逆ですが裏番組。1968年に始まり、1969年の第二作『パンとあこがれ』は文学座の新人だった宇津宮雅代主演、新宿中村屋を創業した相馬黒光がモデルの一代記など内容も朝ドラをターゲットにした内容です。

そしてこちらは最初から放送期間半年。こちらを見れば、朝ドラ半年化のシミュレーションができます。ライバルの影響もあったんじゃないでしょうか。

『よーいドン』にはモデルがあった?

朝ドラヒロインの高齢問題」で

それから1982年の『よーいドン』みお(藤吉久美子)は推定70才前後。

とぼやかしてかいたので、ハッキリしたことを確認したくてNHKアーカイブスで第一週と最終週を見てみました。
結果、初回が昭和二年で高等女学校の三年生、最終回時点では71才。そば屋の女将を引退させられたところで、大阪城築城400年を記念して秀吉の生まれた名古屋からのマラソンにチャレンジし、大阪城にゴールするところで終わり。最終回はほぼ総集編だったのでストーリーもだいたい思い出しました。

 

そんな中、テレビで有名うどん店・道頓堀今井の社長が店の歴史を語っているところを見て、ここが『よーいドン』の嫁ぎ先のモデルではないかと気がつきました。

『よーいドン』は女子マラソン人気(1979年に東京女子マラソンが始まり、1984年のロス五輪で正式種目に)を背景に、ヒロイン・みおは陸上競技の才能を見出されて、人見絹枝の後継者との期待を受ける。しかし、株仲買商の父親が大暴落で破綻。道頓堀の芝居茶屋・梅川にお茶子として働くことに。梅川の一人息子、時田英一(曾我廼家文童)は家業よりジャズに夢中。なんやかんやあって二人は結婚、しかし芝居茶屋は下り坂、またなんやかんやあって戦後、そば屋として成功。

 

道頓堀今井の方は江戸から明治にかけて芝居茶屋を経営。大正に入り、道頓堀はジャズが
流行したのを見て楽器店に業態変更し成功。しかし空襲で焼けて、戦後うどん・そば店に。現社長の祖母の味がうけて大繁盛。出汁やきつねうどんの揚げなど味は現在も受け継がれている、とそっくり。

 

朝ドラでは「モデル」と発表されなくても、モデルがいる場合があるのでそのパターンの一つでしょうか。

 

www.yoimachiyanagi.net

 

ちなみに夫役の曾我廼家文童は『べっぴんさん』で坂東家の執事、コケてよく記憶をなくす忠さん役で出演中。松竹新喜劇出身でNHK大阪制作の朝ドラでは『純ちゃんの応援歌』『てるてる家族』にも出演しておなじみ。『よーいドン』での家業をかえりみない若旦那ぶりはうまく、個人的には映画『細雪』1983年版での桂小米朝(現・米團治)と並んで印象に残っています。

朝ドラ1975〜1982:実在のモデルが多いのが現代に通じる

放送期間が半年になり4〜9月の上半期がNHK東京、10〜3月の下半期がNHK大阪という現在まで続くかたちに。

 

半年化初年度の『水色の時』『おはようさん』は現代もの。

 

つづく『雲のじゅうたん』は大正時代スタートの本格的一代記パターン。明るく前向きキャラも『おはなはん』を受け継ぎます。違いはヒロインのキャラが猪突猛進なところと、『おはなはん』が良妻賢母型(夫の死後は女子医学校に入り助産師になりますが)なのに対し、「女性飛行士」という目標、夢があること。これで現在まで続くパターンが確立したといっていいでしょう。

直後の『火の国に』と81年の『まんさくの花』を除くと『おしん』までは一代記パターンが続きます。

 

また東京制作は日本初のレコード歌手・佐藤千夜子『いちばん星』、女優・沢村貞子『おていちゃん』、長谷川町子の姉『マー姉ちゃん』、立木義浩の母『なっちゃんの写真館』と4作連続、実在のモデルがいる作品で安定してヒット。『雲のじゅうたん』も特定のモデルはいないものの初期の女性飛行士複数がモデルだったといわれています。

ゲゲゲの女房』以降、近年もモデルのいる一代記ものの作品が好評。これが一番のヒットパターンでしょう。

f:id:itasika:20161106113959g:plain

f:id:itasika:20161106113946g:plain