ドラマ・クロカイブ

AllAboutドラマガイドが書ききれなかったことをつづります。

恋愛ドラマ時代の終わりと変人化『やまとなでしこ』

押尾学のせいで近年再放送されなかった『やまとなでしこ』が2時間×2の特別編として放送されています。

リアルタイムで見ていたときの個人的感想は「トレンディドラマから、らせん階段をのぼって一周回って一階上にきた」です。
1988年の『君の瞳をタイホする!』『抱きしめたい!』に本格的に始まったトレンディドラマ、女性の目指すものは「金もイケメンも」でした。ところが1991年の『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』になると金や容姿じゃないんだと変わり「純愛ドラマ」だと主張します。
ところが『やまとなでしこ』のヒロインは「金があれば爺さんでもかまわない」という空前の価値観。このひねり方が「一周回って一階上にきた」です。

[http://

 

現在から振り返ってみると、時代の大きな転換点だったなと思います。
やまとなでしこ』放送は2000年10〜12月と20世紀の最後。後番組、21世紀最初の月9は『HERO』第1シリーズ。月9で1997年の『ラブジェネレーション』に続く木村拓哉松たか子の組合せですが、恋愛ドラマから事件ものであり検事のお仕事ドラマでもあるという現在でも人気の路線に転換。木村拓哉はこれ以降、お仕事ドラマにシフト。恋愛ドラマも大ヒット作がでにくくなります。あっても小説やコミックなどの原作ありでオリジナル脚本作品はまれ。

 

もう一つは主人公の変人化の流れ。このあたりは

allabout.co.jp

allabout.co.jp

変人が主人公になることが増えるのは刑事・事件ものだと1999年『ケイゾク』に2000年『TRICK』、それに2000年にスペシャルドラマとして始まり2002年に連ドラ化された『相棒』など。
刑事・事件もの以外だと中園ミホ脚本作品でも『やまとなでしこ』から『ハケンの品格』『ドクターX』の流れが大人気に。

世紀の変わり目にテレビドラマは大きく変わった、と『やまとなでしこ』を見ながら思います。

松原智恵子と朝ドラ史上最大のパンデミックと『隕石家族』

やすらぎの郷』の最後で八千草薫演じる九条摂子が死んだのを見て、「続編ができるなら、きっと松原智恵子やすらぎの郷の住人になるだろう」と思い、『やすらぎの刻〜道』で予想は的中しました。というのも「おっとり」というキーワードで八千草薫に一番近いのは松原智恵子だから。

[http://

もちろん違うところもあります。八千草薫はドラマの代表作が『岸辺のアルバム』と『阿修羅のごとく』で芯の強いイメージもあります。それに対して松原智恵子は日活映画時代に演じたヒロインは小林旭、渡哲也などの主人公に「父を、父を助けてください」と頼み、それで主人公を危険なところにいかせるイメージがあり「お願いさせたら日本一」だと思います。

ドラマではよくいえば世間ずれしてない、悪くいうと頼りにならない母親役が多かった。代表的なのは朝ドラ『あぐり』。朝ドラ史上最大のパンデミック、スペインかぜにより弁護士で県会議員の夫(田村亮)と長女・次女を亡くし、経済的に困窮。そのためヒロイン・あぐり(田中美里)は15歳の女学生だったのに建築業望月組の長男・エイスケ(野村萬斎)と結婚しなくてはいけなくなりました。

[http://

 

『やすらぎの刻』で演じた九重めぐみもおっとりしたキャラで、さらに認知症により高井秀次(藤竜也)に世話されるという、松原智恵子イメージの到達点というべき役でした。

現在出演中、フジ系土曜23:40からの『隕石家族』では、いい年をした息子(天野ひろゆき)をいまだに心配して、嫁(羽田美智子)にあたる姑役。東海テレビ制作らしくひねっています。同じ枠では以前に『ウツボカズラの夢』にも出演。タイトルの意味にかかわる祖母役で、これも松原智恵子イメージをうまくつかっていました。

 

『隕石家族』は半年後に隕石が落ちる中での普通に生きる家族の日常を描くホームドラマ。変わっていて楽しめます。現在の状況に似ている、という記事もありました。いうほど似ているわけではないけど、これまでとは違った状況で家族のことを考えるという意味では通じるものはあります。

headlines.yahoo.co.jp

こんな変わったドラマをつくろうと思ったのは、昨年の7月に直径130メートルの小惑星が地球の約72000kmのところを通過したというニュースからでしょうか。それとも、タイムスリップと男女入れ替わりに影響された作品が多くでてきた『君の名は』の隕石衝突の部分に影響されたのでしょうか。

いやいや、でてくるカフェの店名が「イスカンダル」でブラザー・トム演じる店長の役名が古代鉄郎なので、白色彗星がでてくる『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』『ヤマト2』及びそのリメイク作『ヤマト2202』オマージュなのかも。

そういえば松本零士に『ワダチ』という作品があるのを思い出しました。松本零士出世作男おいどん』に連なる、作者自身の貧乏な四畳半生活がモデルの路線かと思いきや、途中から日本人全員が宇宙移民して新しい地球をつくるというSFになる。四畳半ものと宇宙SFものという松本零士の2つの得意パターンを合体させた作品でした。

80年代朝ドラを支えた無名塾

BSプレミアムで再放送中の『はね駒』。28話、東北女学校の試験でヒロイン・りん(斉藤由貴)の「終生の友」となる浜田くにが初登場。演じる菅原亜希代、最近みないけどどうしたんだっけ?と調べると、仲代達矢主宰の無名塾にずっといて舞台中心なんですね(現在の芸名は菅原あき)。

 

[http://

 

『はね駒』には同じ無名塾から益岡徹も登場。『はね駒』に限らず、80年代を中心に多くの無名塾所属俳優が朝ドラで活躍しています。

ヒロインでは81年上期『まんさくの花』の中村明美、87年下期『はっさい先生』の若村麻由美、89年下期『和っこの金メダル』の渡辺梓。男性主人公では90年上期『凛凛と』の田中実。81年から90年の10年で見ると19作中4作で主演を出しています。

他にも主要キャストだと83年『おしん』で一緒に旅していた孫の圭に大橋吾郎、84年上期『ロマンス』で榎木孝明演じる男性主人公の妻役に小宮久美子。

 

www.mumeijuku.net

 

 

なぜ無名塾俳優が朝ドラで活躍したのか。これについては80年上期『なっちゃんの写真館』に出演していた石田純一が「無名塾の俳優はマジメだからNHKの人に好かれる」といっています。『なっちゃんの写真館』で無名塾俳優というとヒロイン(星野知子)のいとこ役の岡本舞とゲスト的に出演の役所広司

石田純一の話は「僕は不マジメで」と続き、収録期間中に海で遊んで日焼けしたためシーンがつながらなくなり、出演シーンがカットされてしまったエピソードにつながります。

さすが定期的に物議を醸す話題を提供する石田純一。今はコロナウィルス感染で入院中ですが、元気になってまた世間を騒がせてほしいものです。

 

ところで『なっちゃんの写真館』を調べていると、モデルになった徳島の立木写真館、立木義浩の実家ですね、が自己破産したというニュースを見つけました。時代の流れでしょうか。

www.tsr-net.co.jp

川栄李奈と伊藤沙莉と『いいね!光源氏くん』

ひところ川栄李奈が女優として活躍しだして、ネット上で「ゴリ押しだ」といわれていました。

[http://

 

個人的に気になったのはTBS系、笑福亭鶴瓶MCの『A-Studio.』。2018年3月末にゲストとして出演。「TBS関連の番組か映画の宣伝?」と思いつつ見ていたら、最後に4月からのサブMCになることが発表に。
『A-Studio.』のサブMCは本田翼、波瑠、森川葵などその後ブレイクする女優が多い。サブMCになるのはいいんだけど、その前にゲストとして出演するという特別扱いに違和感がありました。

その成果なのか2019年には『3年A組-今から皆さんは、人質です-』で主要な生徒の一人、『いだてん』は初回から最終回までだいたい出演。『家政夫のミタゾノ』第3シリーズはレギュラー女優の一番手まできました。しかし5月にできちゃった結婚で出産・子育てに入り、勢いはストップ。

当時、思ったのは「これがゴリ押しじゃなかったら、伊藤沙莉が同じくらい売れていいはずだ」。伊藤沙莉川栄李奈と年齢的役柄的にだいたい同じようなポジションにいると思います。

 

www2.nhk.or.jp

川栄李奈の所属事務所はエイベックス・マネジメントとゴリ押しできそうなところに対して、伊藤沙莉所属のアルファエージェンシーは一番大物で豊川悦司、あとはおなじみの演技派助演俳優が豊富で、ここがなくなるとドラマや映画がつくりにくそうな事務所ですが、ゴリ押しできそうなところではありません。

 

ところが川栄李奈できちゃった結婚と入れ替わるように伊藤沙莉がうれてきた。

特にNHKに好まれていて、『これは経費で落ちません!』で経理課の後輩、単発の『三浦部長、本日付けで女性になります。』で三浦部長(ムロツヨシ)の部下、アニメ版『映像研には手を出すな!』で主人公の声。そして現在放送中『いいね!光源氏くん』では千葉雄大演じる光源氏が主人公で、伊藤沙莉は相手役。

普通の女性を演じられる女優が求められているということでしょうかね。

 

ということで『いいね!光源氏くん』。なんでフィクションの光源氏が現代にタイムスリップしてくんねん!とツッコミをいれつつ、なかなか楽しめます。撮影は1〜3月の予定だったので、おそらくもう全部完了しているでしょうから、最終回まで安心して楽しめるだろうことが、現在の状況としてなによりです。

スーパーたのくらでも売っていたヒノデビール

朝ドラ100作記念で再放送された『おしん』の最終回。スーパーたのくらの経営危機を乗り越えて、みんなで宴会しているシーンでびっくりしたのは「ヒノデビールを飲んでる!」。

ヒノデビールについては昔書きました。

allabout.co.jp

NHKドラマは実在の企業の名前を出せないので、ビールにも気をつかい、昔はラベルの方向に気を使って映さないようにしていました。それがあるときからオリジナルブランド・ヒノデビールを使うように。それはいつからか?1996年、富田靖子主演で酒屋を舞台にした『いらっしゃい』からではないかと推測していました。

ところが1983年の『おしん』にあった。ただ当時の画像の鮮明さの問題で「ヒノデビール」という字が読めたわけではなく、マークでわかる状態。スーパードライ発売以前のアサヒビールも朝日マークでしたが、アサヒビールは日が昇って太陽の丸がすべてでているのに対し、ヒノデビールは日の出の途中なので半分隠れていると違いがあります。

登場当時は映っていても気づかなかったけど、テレビ技術の進歩で画像が鮮明になるとともにヒノデビールの存在がはっきりしてきました。そしてヒノデビールに気づいてから再放送を見ると、より昔からあることに気がついたわけです。

 

となると、いつごろ登場したかを確認しなくてはいけない。まずは1981年の『夢千代日記』を見るとありました。続いて1979年の『阿修羅のごとく』を見ると、ラベルの方向で見せない昔からの方法でした。どうも1980年ごろのようです。

次は1980年の『阿修羅のごとく』パート2を見なくては。

『スカーレット』も『麒麟がくる』も琵琶湖が重要

『スカーレット』を見ていて気になっていては琵琶湖がほとんど出てこないこと。
滋賀県は琵琶湖だろという以外に、信楽という山あいが主な舞台だけに、重要なシーンは広がりのあるところに出てきてほしかった。2時間ドラマの最後は崖で犯人が告白するようなもので。

www.nhk.or.jp

近年の朝ドラだと『半分、青い。』も岐阜県の山の中の街が舞台だったけど、東京に行っている時間の方が長かった。『スカーレット』はほとんど信楽でちょっと大阪。

 琵琶湖が出てきたのは初回の一家がリヤカーに家財道具を載せて滋賀県に来たときと最終回でみんなで琵琶湖にいったとき(初回では父が、最終回では貴美子が「ようみとけ。こっちの心も大きくなる」と繰り返してる)、そして武志が入院した滋賀県立中央病院の病室からも琵琶湖が見えた、その3回だと思います。大事だから最初と最後に出てきたということでしょうけどね。

 

朝ドラをずっと見ていると東京制作より大阪制作の方が金がかかっていないように見えます。俳優の交通・宿泊費がかかるとかスタジオの広さとかによるものだとは思うのですが、『なつぞら』と『スカーレット』はそれだけでは説明できないような。100作記念作で予算を使って、『スカーレット』が割をくったのではないか、と邪推したくなります。
働き方改革」も原因かもしれません。ロケもスタジオのセットチェンジもスタッフに負担がかかるので少なくしようという。

 

琵琶湖登場シーンをチェックするのに初回を見返して思い出したのは、川原一家なぜ大阪から琵琶湖岸を通って信楽にいったのか問題。
普通は旧国鉄信楽駅まで行くだろうからおかしい、といわれていました。しかし、荷物が大き過ぎて鉄道ではいけなかったのかもしれない。

そこで戦後すぐはまだ使われていた水運を使った可能性を考えました。淀川で京都の伏見までいけます。『あさが来た』の姉妹は舟で京都から大阪に嫁入りし、その後も再々、京都に戻りますけどあれもたぶん舟。
伏見から京都の中心部には昔は高瀬川でいけたけど(森鴎外の「高瀬舟」がそれ)、大正時代に水害でなくなったようだ。そこはリヤカーを引っ張って岡崎まで行くと琵琶湖疏水を使って大津まで行ける。それなら琵琶湖岸を通って信楽にいくというのもコースとしてはおかしくない。上り坂なのでたいへんですけど。

 

自動車や鉄道が発展した現代では忘れられがちですけど、昔は水運が重要でした。織田信長の天下統一でも琵琶湖を使って陸路よりはやく移動できるのは重要で、安土城は今は埋め立てられた湖を使って琵琶湖にアクセスできました。

明智光秀坂本城羽柴秀吉長浜城も琵琶湖岸です。いままでの大河ドラマではあまり描かれませんでしたが、『麒麟がくる』で琵琶湖の戦略的重要性が描かれるとおもしろいのですが。初回、光秀(長谷川博己)が堺に行く途中に琵琶湖で舟にのって「広いのー」と感心していました。きっと心も大きくなったことでしょう。

さすがジャパネットたかた

BSテレ東で2月20日(木)17:58から始まった『マニアックな人々』。
初回のテーマが「時代劇にすべてを捧げた愛すべき人たちへ」ということで見てみました。
MC松尾貴史でゲストに松平健京本政樹。ゲストの時代劇トークをまじえつつ、紹介されたマニアックな人々は

食料品店の時代劇村

www.bunka.pref.mie.lg.jp

店主がちょんまげ姿の洋食サムライ

nlab.itmedia.co.jp

散髪屋さんの小阪城

www.w-higa.com

1/23のミニ姫路城

kaneharamiwa.club

時代劇映画を自主制作

www.creators-station.jp

ここまではありそうな企画だけど、ちょっとおかしいなと思ったのはこれを伝えるリポーター「ジャパネットたかた入社二年目、新人MCの西川由梨乃です!」

えっ、と思って調べるとこの番組、スポンサーだけじゃなく制作もジャパネットたかた。自社スタジオを持っているだけにこんな番組も制作できるのか。いや、待てよジャパネットたかたがこのまま終わるわけない、だいたいこの番組、途中にCMが入ってない。
見守っていると2時間番組が90分で終了。残り30分ではじまったのは「長谷川伸シリーズDVD-BOX」のテレビショッピング。やっぱりか。

長谷川伸シリーズ』東映制作で1972〜1973年にNET(現・テレビ朝日)系で放送された一話完結の時代劇。鶴田浩二主演「沓掛時次郎」、勝新太郎主演「一本刀土俵入」など股旅ものを得意とした長谷川伸の小説群をドラマ化したもの。
今でも芝居になることが多い長谷川伸作品、これを見ておぼえました。

2010年にDVD-BOXがつくられた「幻の作品を1000枚限定受注生産」といっているけどAmazon見ると10年前の在庫がまだある。

www.amazon.co.jp
それが84300円(税込み)で、今回が33000円(税込み)。東映ビデオでは37600円(税別)だから、ジャパネットに連動して下げたか。

www.toei-video.co.jp

番組を撒き餌にしてDVDを売るというのはさすがジャパネット。きっと1000枚売り切るんでしょう。

2回め、2月27日放送のテーマは「家電」。北海道の掃除機マニア少年が出てきて、日立の工場に見学。テレショップはもちろん日立の掃除機と炊飯器、わかりやすい。

3月の番組表を見ると次の放送予定はなし。果たしてこのまま続いていくのか?続くとしたらどんなマニアックな人々とそれに連動した商品が出てくるのか?