ドラマ・クロカイブ

AllAboutドラマガイドが書ききれなかったことをつづります。

朝ドラ2010〜:V字回復した理由は開始時間変更だけじゃない

四半世紀近く視聴率の長期低落が続き、2008年10月に「朝ドラのあり方を見直す」と発表があり、2010年1月にその結果が発表されました。「NHK総合本放送開始時間を8時15分から8時に繰り上げる」と。「主婦が家事をしている時間帯など、いくつかのデータを基に放送時間を決めた」とのこと。

 

当時は1年ぐらい検討してそれだけ?と個人的に思いましたが、それだけではなかった。

まず時間変更を広めるための告知する必要があり、NHKの番組中だけでなく雑誌、ネットや民放のワイドショーでも取り上げられることが多くなりました。そのためにプロモーションの予算は増えているでしょう。

さらに主演を新人ではなく実績のある俳優であることが多くなり、また時代設定が現代よりも明治・大正・昭和の戦争前後が増えました。2つとも制作費が上がる原因になるので、たぶんその予算も上がっているでしょう。

ドラマの内容もレベルが上って、朝ドラ史上屈指の名作が争うようにでてきます。

 

V字回復の原因はそういったことが複合してですが、なかでも大きかったのは一代記パターンを基本にしたことでしょう。東日本大震災をはじめ大災害相次ぐ現代を、関東大震災や太平洋戦争の形を借りて描くことができました。

 

このあたりのことは記憶にあたらしく、歴史というにはまだ現在進行形。2010年以降最高視聴率で100作記念視聴者人気投票一位の『あさが来た』でとりあえず終わって、これ以降はまた次の転換期が来てからにしましょう。

 

f:id:itasika:20190916090356j:plain

 

朝ドラ2006〜2009:長期低落傾向脱出へ種まき

2006年はNHK放送開始70周年だからか長期低落を続ける朝ドラをなんとかしようということなのか例年とちょっと違う。東京制作の上期『純情きらり』と大阪制作の下期『芋たこなんきん』を二作同時発表。

どちらもひさびさに主演オーディションでない起用で、放送開始時20歳ながら映画出演多数で将来を期待されていた宮崎あおいと、実績十分で当時のNHK大阪としては最後の切り札的存在だった藤山直美

さらに1999年の『すずらん』以来の太平洋戦争を含む時代背景。

 

純情きらり』は期待通りにヒットしましたが、『芋たこなんきん』は内容は評価されたおものの視聴率的にはイマイチ。朝ドラヒロインとしては年齢が高すぎることと、大人になったヒロインが折に触れて少女時代や女学生時代を回想する構成がなじみにくかったのでしょうか。

 

翌年も上期東京制作と下期大阪制作は似たような傾向で、ベタな『どんど晴れ』は視聴率がよかったけど、『ちりとてちん』は内容の評価は高くDVDは売れたものの視聴率は伸び悩み。よく見てないとおもしろさがわからず時計代わりに見にくいのが原因。見返すことができるNHKオンデマンドはサービス開始前、みんなで共有できるSNSの普及もまだでした。

 

ただ『ちりとてちん』、その後の朝ドラへの影響は大きいものがあります。

過去と現在が複雑にからみあう構成は『あまちゃん』。「研いで出てくるのは塗り重ねたもんだけ」など、落語・若狭塗箸という職業とテーマが響きあうのは『カーネーション』『ごちそうさん』。

ちゅらさん』のヒロインパターンの自覚化をうけてこれまでの前向きなヒロインをひっくり返したネガティブキャラは『ゲゲゲの女房』『あまちゃん』など。

最終的には落語家ではなく落語家のおかみさんになりたいとなり、人を支えるヒロインは『ゲゲゲの女房』『ごちそうさん』『マッサン』など。

ちりとてちん』がなければ、2010年以降の朝ドラ復活もうまくいったかどうか、という重要な作品です。

 

この時期、勢いがよかったのはここまで。以後2年4作で長期低落傾向も極まり、ついに朝ドラのあり方が見直されます。

 

f:id:itasika:20190907164709j:plain

 

朝ドラ2001〜2005:パターンを自覚してそれを極める

21世紀に入っての第一作は『ちゅらさん』。大人気で続編が三作もつくられましたが後の作品へ与えた影響も大きい。

 

まずは家族観。離婚の『ふたりっ子』、シングルマザーの『わたしの青空』、アラフィフに至る最終回まで独身の『オードリー』と新しい家族の形を追い求めた20世紀末。それに対して『ちゅらさん』は、沖縄の実家はおばあ(平良とみ)のいる大家族、上京しても擬似大家族の一風館。「やっぱり家族っていいよね」となり、この後、生涯独身は『とと姉ちゃん』、離婚は『半分、青い』ぐらいで、ほとんどありません。

 

朝ドラのヒロインのパターンについて自覚的になったのも『ちゅらさん』から。明るく前向きが基本の朝ドラヒロインですが、「運命」だと結婚に突き進むなど、古波蔵恵利(国仲涼子)は脳天気レベル。それに対して「そんな奴おらへんやろ」的ツッコミをいれる城ノ内真理亜(菅野美穂)は、twitterでつぶやく視聴者を先取り。

パターンに自覚的になったことでこの後、木に登りがちな朝ドラヒロインの中でも「山猿」といわれるほど木登り得意な『ほんまもん』、ハワイの日系二世アメリカ人『さくら』、夢が女性宇宙飛行士と朝ドラ史上最も壮大な『まんてん』と極端なタイプが次々に登場します。

 

さらに初めて沖縄が舞台となったことで、いままで取り上げてこなかった県が舞台になることが増加。『さくら』は初の岐阜県(とハワイ)、『まんてん』の鹿児島県は『おはなはん』と『マー姉ちゃん』でヒロインの夫の出身地として登場したことはあるけど、ヒロインの出身地としては初、『ファイト』が初群馬、『風のハルカ』が初大分。このあたりのことは以前まとめました。

 

allabout.co.jp

ちゅらさん』からの好調は『さくら』まで続きますが、その後息切れ。ほとんどが現代もので、大きな苦難というと『わかば』で父親が阪神大震災で死んだことぐらい。ヒロインの自分探しパターンが増えていったのがいけなかったか。。

またひとりで生きていくヒロインがいなくなり、現代の女性の問題も描けなくなっていきます。

 

異色なのは、戦後スタートで時代が古い『てるてる家族』。石原さとみ演じるヒロインだけじゃなく、母親(浅野ゆう子)と三人の姉(紺野まひる上原多香子上野樹里)まで含めた5人ヒロインという感じのストーリーにミュージカル仕立ての構成。おもしろかったけど、朝ドラとしては異色すぎたのか視聴率的には盛り上がりませんでした。

 

f:id:itasika:20190831120736j:plain



朝ドラ1996〜2000:現代的要素を取り入れて方向転換完了

『青春家族』で現代路線の方向性が出ながら、なかなか変われなかった朝ドラ。ようやく方向転換できたのは1996年『ひまわり』『ふたりっ子』の連続ヒットから。

 

要因は脚本家の若返り。これまではベテランから中堅どころが担当していました。しかし上期『ひまわり』の脚本、井上由美子は放送当時34才。朝ドラを担当した脚本家としてはその時点でたぶん一番若い(その後『こころ』の梅田みかが32才で更新、ただし生年が確認できない人もいるのであくまでたぶん)。実績としてもNHK大阪制作、藤山直美主演の『この指とまれ』やBSサスペンス『天上の青』『照柿』など評価されていましたが、一般的にはあまり知られていませんでした。

下期『ふたりっ子』の脚本は大石静。『長男の嫁』など民放で活躍していましたが、NHKは初めて。実績重視のNHKが最初から朝ドラをまかせるというのは当時としてはめずらしい。

脚本家が若返るということは、いっしょに仕事をするスタッフも若返っているはず、そうじゃないとコミュニケーションがうまくいかない。

 

『ひまわり』は『青春家族』『ひらり』からくる現代路線を職業ものとして完成させてこの後のスタンダードになったような印象。それに2週間を1エピソードとしてサブタイトルをつけるのは初めて(1週間単位になったのは『あぐり』から)。全13エピソードで民放の連ドラが10回前後なのに合わせる意図がありました。

 

ふたりっ子』は三倉茉奈・佳奈人気が火付け役になり大ヒット。この後しばらく、最初は子役から入るパターンが多用されます。妹・香子(岩崎ひろみ)は猪突猛進型で朝ドラヒロインの一つの定形ですが、姉・麗子(菊池麻衣子)を上昇志向な悪女にしたのはダブルヒロインのうまい使い方。

 

また以前は時代の大きな苦難というと関東大震災と太平洋戦争でしたが、この時期の大阪制作では、バブル崩壊阪神大震災になっています。『ふたりっ子豆腐屋、『甘辛しゃん』日本酒、『やんちゃくれ』造船、『あすか』和菓子、『オードリー』時代劇と当時の斜陽産業が舞台で不況の影響も深刻。東京一極集中化の影響でしょうか。

 

また『ふたりっ子』は離婚、『私の青空』はシングルマザー、『オードリー』はアラフィフとなる最終回まで独身のままと大石静内館牧子脚本作品でひとりで生きるヒロインが登場するのも時代でしょうか。

 

ともあれこの時期、戦前からの一代記パターンは『あぐり』と『すずらん』だけで現代路線が定着。視聴率低下に歯止めは打てました。ただしそれ以前の30%超の数字はもどってきません。

朝ドラ1989〜1995:変わる方向性は出ているがなかなか変われない

988年の『ノンちゃんの夢』『純ちゃんの応援歌』で時代設定を新しくしてきましたが、ストーリー展開としては昔ながら。

現代的になったのは翌1989年、平成第一作の『青春家族』から。キャリアウーマンで不倫を疑われたりする母(いしだあゆみ)と結婚式を当日キャンセルしマンガ家をめざす娘(清水美砂)のダブルヒロイン。これまでガンコだが頼れる父親が定番でしたが、単身赴任し夫婦関係に悩む父(橋爪功)も現代的。

 

バブル景気を背景に1988年の『君の瞳をタイホする!』と『抱きしめたい!』から民放ドラマはいわゆるトレンディドラマが席巻するようになっていました。これにより家族で見るものだった連続ドラマは女性を中心に若者が見る作品が主流になり、中高年層は2時間サスペンスに、と分化。

朝ドラもその流れへの対応が必要でした。

 

この線で朝ドラもこのまま現代的になるのかと思ったら、そう簡単にはいかない。東京制作だと翌年は大正が舞台で男性主人公の『凛凛と』。その次は太平洋戦争の末期から始まる『君の名は』と古典的パターンを連発。

『凛凛と』は放送開始65周年記念作で主人公のモデルはテレビジョン開発者。『君の名は』は連続テレビ小説30周年記念作というシバリがあり、現代を舞台にはできなかったのでしょう。『青春家族』があまりに進みすぎていて、反動もあったのかもしれません。

 

記念作とかの影響がない大阪制作の方が『京、ふたり』『おんなは度胸』とダブルヒロインパターンも取り入れつつ漸進的に路線を新しくしていって好評。

『ひらり』がようやく『青春家族』の路線を受け継いでいます。オープニングテーマをインストから歌詞つき主題歌にしたのは『ロマンス』が最初ですが、Jポップ(ドリームズ・カム・トゥルー)を使ってきたのも現在につながるパターンの最初。

 

『ぴあの』と放送開始70周年作『春よ、来い』は内容的に疑問。さらに『春よ、来い』の放送中に阪神大震災オウム真理教事件と大事件が相次いで発生。その後の『走らんか!』は鬼門の男性主人公、とこのあたりで激しく視聴率を落としてしまいます。

 

f:id:itasika:20190813131429j:plain

平均視聴率

 

朝ドラ1984〜1988:好調は持続しているが変わらなくてはいけない

おしん』でヒロイン一代記パターンが一つの頂点を極めてしまったので、変わらなくてはいけない。

そこで翌84年度は上期『ロマンス』下期『心はいつもラムネ色』、ともに男性主人公。朝ドラで男性主人公は視聴者が共感しにくく難しいのですが、『おしん』の一つ前、『よーいドン』以上の視聴率をとっているのでヒットしたといえるでしょう。しかし85年の『いちばん太鼓』は盛り上がらず、やっぱり女性主人公メインに。

 

澪つくし』は「銚子のロミオとジュリエット」と呼ばれ恋愛がメインで盛り上がり、放送期間半年になった75年以降では『おしん』に続く高視聴率。85年制定の男女雇用機会均等法を反映して働く女性がテーマの『はね駒』。学園ドラマか女教師版『坊っちゃん』かの『はっさい先生』など多様な展開をみせます。

 

また『澪つくし』が第一回東宝シンデレラ沢口靖子、『はね駒』が東宝シンデレラでは沢口靖子に敗れた斉藤由貴、『いちばん太鼓』は男性主人公ですが相手役は三田寛子。さらに『チョッちゃん』は南野陽子が決まっていたといわれ、アイドル色が強くなったのも特長。

 

ノンちゃんの夢』の初回の時代設定は1945年8月15日終戦の日。『純ちゃんの応援歌』は1947年スタート。これまで一代記ものは太平洋戦争をはさむものが主流でしたが、ここから戦争が終わったところから始まることが多くなってきます。

原因は視聴者層の世代が変わってきたため。終戦時点でものごころついた7,8才ぐらいの人は1938年前後の生まれ。1988年ではすでに50代になっています。若返りが必要になってきていました。

 

視聴率は好調ながら次の路線を模索する時期でした。

 

f:id:itasika:20190721084022j:plain

 

朝ドラ1983:時代が最高視聴率を生んだのか

朝ドラのみならず連続ドラマ平均視聴率で歴代最高の『おしん』。

半年放送になってから明るい路線が続きましたが、その中で『おしん』のシリアスさは異色です。

雰囲気としては『繭子ひとり』『藍より青く』『北の家族』あたりに似ていて、一年放送時代の先祖返りというような感じ。

 

一番近いのは『鳩子の海』でしょうか。かたや広島の原爆で記憶を失った少女時代の鳩子(斉藤こず恵)が脱走兵(夏八木勲)と出会う、かたや少女時代のおしん(小林綾子)は日露戦争の脱走兵(中村雅俊)に助けられると似ています。全体を通しても戦争を引きずり離婚もする『鳩子の海』、全体に暗め。




連ドラ史上最高視聴率を誇る『おしん』ですが、朝ドラを除く最高視聴率連ドラは『積木くずし・親と子の200日戦争』でこちらも1983年のドラマ。2つ同時に出ているということは1983年は時代が大きく変わった年だったのでしょう。そのあたりのことは

半沢直樹、あまちゃんヒットとアベノミクスの関係は?

にかいています。


おしん』をピークにして、この後は朝ドラの視聴率は長期低落傾向。反転上昇するのは放送時間が8時からに変わる2010年『ゲゲゲの女房』まで、27年間待つことになります。

 

f:id:itasika:20190715162204j:plain